絶対NG!プロミスの審査に落ちる人の9つの共通点とは?

「プロミスの審査に落ちてしまった」
「何度カードローンを申し込んでも審査に通らない」

もしこんな事であなたが困っているのなら、今すぐ「審査に落ちる人の9つの共通点」をチェックして下さい。

実はプロミスに限らず、すべてのカードローンでは審査基準をしっかりと決めています。

そのため、もしあなたが今から紹介する項目に1つでも当てはまるものがあれば、審査落ちの理由として扱われる可能性がとても高いと言えるんです。

プロミスの審査に落ちてしまう人の9つの共通点

1.すでに借り過ぎている
2.借入件数が多すぎる
3.職業が無職or自営業
4.事故情報が残っている
5.返済履歴に問題がある
6.現在も滞納がある
7.申し込み内容に嘘が多い
8.短期間で何社も申し込んでいる
9.限度額が高すぎた

これらの条件に1つでもあなたが当てはまっているのであれば、残念ながら審査に通る可能性はかなり低いと言えます。

逆に言えば、審査に落ちた原因を一つ一つクリアして行けば、あなたも必ずプロミスの審査に通る見込みがでてくるということ!

実際のプロミスの審査に落ちた人の事例を参考にしていきながら、あなたもプロミスからキャッシング出来るように原因を改善して行きましょう!

>>プロミスのさらに詳しい情報はこちら!<<

プロミスの審査に落ちた事例のまとめ

実際にプロミスの審査に落ちた人たちの事例としては以下のようなものが中心です。

1.すでに借り過ぎている

プロミスの場合、「総量規制」のカードローンなので、年収の3分の1以上のお金を借りることはできません。

そのため、あなたの現在の借入金額の合計が年収の3分の1を超えている場合は、プロミスの審査にはまず通らないと言えます。

主な項目として、

 ・他社カードローン
 ・クレジットカードのキャッシング枠
 ・クレジットカードのリボ払い残高
 ・信販会社の分割ローン
 ・携帯電話の分割代金

これらの合計金額があなたの年収の3分の1を超えていないことが条件となります。

ちなみに、住宅ローンや事業融資などの金額は、現在の借金の項目には計算しなくて大丈夫です。

 

2.借入件数が多すぎる

また今紹介したような、他社からの借入件数が多すぎる場合も、審査に落ちる理由として扱われる場合があります。

今の時代、クレジットカードや分割ローン位は大した問題ではありません。

ですが、消費者金融や他社カードローンから2社3社と借入がある場合は、先に完済をしてから審査を申し込んだ方がキャッシング出来る見込みが高くなると言えます。

 

3.職業が無職or自営業

現在の職業の内容によっては審査に落ちるケースもあります。

プロミスの場合、学生や主婦の人でも十分な収入(パート・アルバイトなど)があれば審査にちゃんと通ります。

ですが、失業中や求職中の人の場合(いわゆる無職状態)は審査にはまず通らないです。

また自営業の場合は、前年度の収入証明書などを持ち込む事で審査に通るケースはありますが、やはりこれも審査に通る見込みは厳しいと言えそうです。

対策としては、まずはアルバイトや派遣登録でも構わないので、とりあえず手に職を付けてから審査を申し込むことをおすすめします。

4.事故情報が残っている

事故情報と言うのは、過去に金融関連の融資やキャッシングを受けたときに「長期間の滞納や踏み倒しをしていないか?」ということです。

プロミスはCICやJICCと呼ばれる信用情報機関に加盟していて、あなたが過去にいつ・いくら借りて、いつ完済したのかなどの情報を調べた上で、融資の判断をしています。

そのため、過去に債務整理・自己破産・踏み倒しなどがあった場合(いわゆる「ブラックリスト」)の場合は審査に通る見込みはまずないと言えます。

これらの事故情報は、完済してから5年~10年くらい残るので、時間が経つのをじっくりと待つのが一番確実な対策と言えます。

 

5.返済履歴に問題がある

事故情報に登録されていないにしても、過去の返済履歴に問題がある場合も審査落ちの理由として扱われてしまいます。

具体的には、過去2年の間に

 ・支払忘れや支払い遅れが多い
 ・滞納や延滞を頻繁に起こしている

これらの場合は返済履歴に問題があるとしてプロミスの審査に落ちてしまう場合があります。

少なくとも、直近の3か月位は滞納や延滞、支払忘れなどがない状態にしておくと良いです。

 

6.現在も滞納がある

5番と関連する内容ですが、今現在もカード類の支払いで滞納がある状態だと、まずプロミスの審査には通りません。

これは現在の支払情報なども、信用情報機関を通じて各カードローン同士で情報を共有しているためです。

なので、今現在も支払などで滞納している場合は、まず先にこれらの問題を解決してから審査を申し込んだ方が、あなたが審査に通るみこみは高くなると言えますよ。

 

7.申し込み内容に嘘が多い

申込内容に、嘘や間違った申告内容が多いと、いたずらと判断されてしまい審査に落とされてしまいます。

特に多いのが、

・年収
・職業
・現在の借入金額 など

これらの項目で嘘を付くと、審査の印象も悪く審査落ちの原因になってしまいます。

またもし万が一、嘘を付いた状態で審査に通ったとしても、あとで嘘だとばれてしまうと一括返済を求められてしまうので、絶対に辞めておきましょう。

 

8.短期間で何社も申し込んでいる

審査落ちの理由で意外と多いのが「短期間で何社も申し込んでしまっている状態」です。

これはいわゆる「申し込みブラック」と呼ばれる状態で、あまり良い状態とは言えません。

と言うのも、あなたがいつ・どこに審査を申し込んだのかは、信用情報機関を通じて各カードローンで情報を共有しているからです。

そのため「短期間に何社も審査を申し込む人は危険な人」という判断を持たれてしまい、一定期間審査に通りにくくなってしまいます。

対策としては、多くても1か月に3社までとし、すでに申込み過ぎてしまった場合には最低でも1か月以上は期間を空けてから審査を申し込むようにしましょう。

 

9.限度額が高すぎた

これも審査落ちの原因として意外と多いです。

あなたが審査を申し込むときに、限度額が高すぎる状態で審査を申し込んでしまうと、

 ・いたずら
 ・返済計画の立てられない人

こういう判断をされやすくなり、審査落ちの理由になってしまいます。

対策としては、とりあえず10万円~20万円くらいの低い金額で審査を申し込んでおき、あとから増額審査などで申し込むことをおすすめします。

 

プロミスの審査落ち対策をすればあなたも大丈夫!

以上がプロミスの審査に落ちる人たちの共通点としてあげられます。

あなたは項目数が多いように感じるかもしれませんが、逆を言えばたった9つの原因さえクリアしていれば、あなたもプロミスの審査に通る可能性がとても高くなるということ。

審査に落ちる原因さえ分かってしまえば、あとは対策を立てるだけなので、慌てず1つ1つの条件をクリアして行くようにして下さい。

 

プロミスならお試し診断を無料で何度でも試すことができるので、ぜひ試してみて下さい。

プロミスに限らず、すべての金融審査は条件さえ満たせば必ず審査に通るので、絶対に諦めないで下さいね!

>>プロミスのさらに詳しい情報はこちら!<<
↑詳細は今すぐクリック!↑